欠陥住宅を避けるために

シックハウス住宅について

欠陥住宅を避けるために

シックハウス住宅について

google

「シックハウス」という言葉を耳にしたことがあると思います。 「シックハウス」とは、現在建つ日本家屋が建材に薬品を使用するようになり、 アルミサッシが一般化されたことにより、家屋の機密性が高くなったことで、 シックハウス症候群の患者が多くなったと言われます。

シックハウス症候群の症状としては

  1. イライラする
  2. 気分が悪い、吐き気がする
  3. 憂鬱で、気分が暗い
  4. 体がだるく、やる気がでない
  5. 耳鳴りがする

などが、シックハウス症候群の症状としてあります。

そのため、日本国では2003年からは「建築基準法」に「シックハウス対策基準」が設けられ シックハウスの原因である「アルムアルデビド」や「クロルピリホス(シロアリ駆除剤)」の使用は 禁止されました。ただ、これは2003年以降の新築住宅の基準であり、それ以前の住宅は 未対応の可能性があります。なので、2003年以前に建てられた中古住宅の購入を考えている方は 建材の確認もすると良いと思います。また、リフォーム時に24時間換気口をつけるなどの対策が必要です。

現在、安全とされているのは「ムク材」や「天然資材」を使用した住宅です。 ただ、「ムク材」も「天然資材」も高価なのが難点です。 なので、「珪藻土」や「炭」をガンゆする内装材でも、有害物質を吸収する性質があり、 シックハウス対策の効果期待があります。 建材の見分け方として「建材等級」があり「F☆☆☆☆」なら問題はありません。 また「クロルピリホス(シロアリ駆除剤)」は居室の建築材に使用しないことです。

シックハウスは化学物質含有建材が原因だけでなく、 食器や寝具、家具やカーテン、什器からも発生する可能性はあります。 まずは、化学物質含有の疑いのあるものは購入をさけることです。 さらに、化学物質とは関係なく「結露」や「カビ」にも注意する必要があります。 どのシックハウスの原因でも、やはり「家の換気」が肝心ですね。

2003年に「改正建築基準法」が施工され、 24時間換気の義務付けがされています。 シックハウスの・・・。 しかし、換気量の検査は難しいため、 換気口の「吸気口」と「排気口」が実際に設置されているかを確認しましょう。 「吸気口」と「排気口」が対角線上に位置していれば、合理的な配置といえます。 また、換気口が手動で開閉できたりすると、寒い時期に便利です。 フィルター付きの吸気口だと、花粉の時期には重宝します。