住宅購入資金プラン

住宅ローンについて

住宅購入資金プラン

住宅ローンについて

新築住宅・中古住宅に関わらず「将来は住宅を購入するぞ」と決めている方は、 住宅購入の頭金を貯めるためにも「財形貯蓄」をお勧めします。 財形貯蓄を1年以上行って、50万円以上貯めれば「財形住宅融資」を利用することができます。 これは超低金利で、財蓄残高の10倍、最高4000万円まで借りられ、 かつ融資を受けると同時に、預金を解約して自己資金にあてることができるのです。

財形貯蓄には「一般財形貯蓄」「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」の3種類がありますが、 住宅を買う予定があるのなら「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」を選ぶべきです。 なぜなら、住宅購入資金にあてるのなら「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」は、 元金が550万円までの利息が非課税という得点がついているからです。

また、民間の金融機関でも多種多様なローンが開発されてきています。 民間金融機関でも長期固定金利のローンが開発されたり、 変動金利ローンにもいろいろと金利優遇キャンペーンがあり、 民間の金融機関でも比較が難しくなっているのが現状です。

また、ネット銀行では、さらにローン保証料や団体信用生命保険料が無料になっていたり、 繰り上げ返済や金利方式切り替え手数料が無料になったり、 購入当初の諸費用をおさえたい方や その後のプラン変更時にかかる諸費用をおさえたい方には有利な条件があります。